News

事務局体験談(原口)

I-MAGE15事務局の早稲田大学4年、原口彩です。 昨年は、I-MAGE14の受講生として、I-MAGEの活 […]

6/2 I-MAGE LOUNGEレポート

なりたい自分をみつけるために ~就活の始め方~  2018年6月2日、この日は渋谷のDHCコミュニケーションス […]

6/23 就活イベント I-MAGE LOUNGE 開催!

6/2(土)、I-MAGE15が主催する就活イベント「I-MAGE LOUNGE」が開催されました。 テーマは […]

ニュースをすべて見る

私たちI-MAGE15についてもっと知っていただくために…

今期のテーマ『”らしさ”を描く』を紹介します!

過去の実績を紹介します!

『”らしさ”を描く』

「“らしさ”って何だろう」

“らしさ”、すなわち「個性」について
考える機会は、意外と多くあります。

周りの人と接する時。
自分のキャラが気になった時。
就活で同じ髪色、髪型、スーツにしなくてはならない空気を感じた時。

私たちは自分らしさについて考え、
違和感を覚えるのではないでしょうか。

 

このように自分”らしさ”よりも
社会的・世間的な“らしさ”を重視する風潮がある日本では、個性的であることが不都合をもたらすこともあります。

典型的な例としていじめ、
そしてLGBTへの偏見などがあります。

右肩上がりの経済成長の時代であれば、
ともすれば非効率的になる“らしさ”は
必要ないのかもしれません。

ですが、「不確実な未来」と言われる、
これからではどうでしょうか。

 

例えば、
今急速に進歩するロボットやAI技術は、
今より広い場面で用いられるようになり
多くの人の仕事に取って代わるとも
言われています。

そうすると、そこで埋没しない
「個性」という一人ひとりのもつ特性が
より重要になってきます。

一人ひとりが個性を発揮し、
さらにその掛け合わせがチームとなって、
新しい価値を生み出していく。

そんな時代がやってくると
私たちは考えます。

 

今、個性がないと悩んだり、自分の個性が分からないという人は多くいます。

人の個性を羨んだり、妬んだり、
「自分と違う」というだけで
壁を作ったりした経験は
誰にでもあるのではないでしょうか。

 

 

さあ、“らしさ”を描こう。

 

 

私たちと個性、”らしさ”とは何か、
それをどのように磨き発揮していくのか、
一緒に考えてみませんか。

代表挨拶(佐藤 大地)

I-MAGE15ではテーマを「“らしさ”を描く」に設定いたしました。
私の経験として、就職活動中、自分らしさについて考え、悩む機会が多くありました。
これからの人生のためにも、この機会に学生一人一人に「“らしさ”を描いて」いただきたいと思います。
だからこそ学生の皆さんには、4か月という期間を「本気」になって取り組んでいただきたいです。

本気だから悔しい、本気だからぶつかる、本気だから楽しい。

他大の学生との交流、超一流の講師陣による講演、社会人の方々との利害関係のないかかわりなど、普段の大学生活やサークル、インターンでは得られないような皆さんへ時間を提供することを約束します。
それでは、皆さんとI-MAGE15での4か月間を一緒に過ごせることを楽しみにしています!

About I-MAGE

コミュニケーションデザインカレッジI-MAGE(イメージ)では、多くの人の気持ちを動かす術を学びながら、主体的に世の中に価値を生み出す人材の育成を目的としています。
4ヶ月間短期集中、20~30人程度の大学生・専門学校生を集め、過去14回の開催にわたっておよそ500人の卒業生を輩出してきました。
第一線で活躍する社会人と一緒に企画の立案、実行をすることで、社会を巻き込んでいく力を身につけることができます。

第15回目となる2018年のテーマは、
「“らしさ”を描く」です。

企画作りに挑戦したい。
学生時代これをやったという経験が欲しい。
本気でぶつかりあえる仲間が欲しい。
新しいことに挑戦したい。
自分自身を成長させたい。
世の中に価値を生み出している社会人から、
直接学びたい。

I-MAGE(イメージ)では
そんな想いを持った学生を募集しています!

I-MAGE の特徴

座学〈LECTURE〉

コミュニケーションデザインに必要なスキルや、メディアの作り手としての心得を、経験豊富な社会人講師から学びます。

実践〈PROJECT〉

「リードする力」「着眼力」「創造力」を身に付けるべく、テーマに沿ったプロジェクトをゼロから企画し実行します。

評価〈FEEDBACK〉

プロジェクトに対し、チームメンバー・他の参加者・社会人ゲストなどからフィードバックを受け、客観的に振り返ります。

Learning Cycle

卒業生の声


こんなのあったら面白いだろうなー、と妄想することは簡単ですが、いざそれを現実世界で企画にし、実装することは、全くもって簡単では無いことを学びました。

仮説を立て、検証し、違うと分かるとまた別の仮説を立て、検証。

そんな答えのない、轍のない道を進まねばならず、時にパンクしそうになりましたが、企画実装を終え、自分たちのやってきた過去を振り返ると、努力したんだなと心から実感できるほどの
轍ができています。

社会に出ても、轍のない難題に向き合うことになりますが、ここで学んだ経験が必ず活きます。

迷っているくらいなら、
飛び込むが吉ですよ!

河井 拓 14期受講生(PL) 現在/製薬メーカー勤務

大学生活はたったの4年間だけ!
サークルやバイトで楽しくのんびり過ごす毎日も楽しいですが、
I-MAGEは大学生活を刺激あるものに変えるチャンスだと思います。

学生が本気で創造した企画に、社会人が本気で向き合ってくれる。
そんな環境がI-MAGEにはあります。

テーマ、創造、何より自分自身と向き合い続ける4ヶ月をI-MAGEで過ごしてみませんか?

山田美咲 13期受講生・14期事務局代表 現在/人材コンサル会社勤務

学校の枠を超えて
何か新しいことに挑戦したい。
そう思い、
僕はI-MAGEに参加しました。

ここには普通の学生では叶わない経験が沢山あり、とても貴重な時間を過ごすことが出来ました。

最初の一歩を選択するのは
いつだって自分自身です。

何かに踏み出すことを躊躇っている人は、恐れずに進んでみて下さい。時間も体力も使いますが、決めたらぜひやりきってください。

学生でしかできない、かけがえのない経験と仲間がきっとI-MAGE15で手に入るはずです。

菊池
菊池宗也 13期受講生(PL)・14期事務局代表 現在/大手人材会社勤務

I-MAGEに参加したことで、
多くの他分野で活躍する方との
繋がりが作れました。

特に私のように自由に働きたいと願う人にとって、I-MAGEは
今後のキャリアにおける選択肢を増やす助けになるはずです。
何をやったら良いか分からない学生、他の人とは違うことをしたい学生にとって、打ってつけの環境が整っています。

軽い気持ちで、だけど存分にワクワクしながらI-MAGEに
挑戦してみてください!

内野太陽  11期受講生(PL)・12期事務局代表 現在/フリーライター(Webメディアが主)

4年前、大学3年生の時に私はこの活動に参加しました。
社会人になった今、I-MAGE の経験が今の自分を作ってるといっても過言ではありません。

自分の考えを言葉にして、チームにぶつけて、形にして行く。

ただの企画に終わらない、
この経験が学生の間にできることは本当に素敵だと思っています。

社会の第一線で活躍している講師の皆さまからのレクチャーも
社会人になった今でも活きていることが多くあります。

友達と参加してもよし。
一人でも心配ありません。

一緒に頑張ったメンバーは
一生の友達になります。

皆さまのご参加を
ぜひお待ちしております!

栗木
栗木竜平 11期受講生 現在/印刷会社勤務
卒業生
516
発信したプロジェクト数
52
受講生募集数
20
参加料
30000

事務局メンバー

I-MAGEに参加しようか迷っている方は、個人面談を設けていますので、気軽にご連絡ください!先着20名とさせていただきます。

何か分からないことや相談したいことがありましたら、気軽にお問い合わせください!