未分類

事務局体験談(原口)

I-MAGE15事務局の早稲田大学4年、原口彩です。

昨年は、I-MAGE14の受講生として、I-MAGEの活動に参加していました。

I-MAGEの活動を通して得たものを3つ紹介したいと思います。

1.主体的・論理的に考える力
I-MAGEに参加するまで、私は、あまり主体的に行動したことがなく、「○○さんがやるなら、わたしもやろうかな」、「なんとなく、これがやりたい気がする...」という考えで、いつも行動していました。
I-MAGEに参加してからは、行動に理由が求められることが多くなりました。「こういう行動をしてみたいです」というと、「どうしてその行動がしたいの?」と聞かれます。なので、自然と行動に理由をつけるようになり、主体的・論理的に考えられるようになりました。また、特に社会人の方からそのような質問をされることが多かったため、主体的に考える力は、社会に出てから求められる力の一つであると思いました。
さらに、主体的・論理的に考える力は、就活におけるエントリーシートや面接にも有利に働くと思います。何も考えないで行動している人よりも、考えて行動している人と一緒に働きたいと考えるのが普通ですよね。人事の方は、そういうところを見ていると思います。実際、私は、就活で、この力が役に立ちました。

2.社会人とのつながり
I-MAGEに参加するまでは、社会人とのつながりが一切ありませんでした。I-MAGEに入ってから、社会人の方とたくさんお話する機会を得ることができ、社会人と学生の考え方の差や、視点の違いなどを、身をもって感じました。I-MAGE参加前の私は考え方も行動も幼稚だったなあと思います(笑)
また、I-MAGEの特徴にレクチャーがあります。一流の社会人講師からのレクチャーは、大学の授業より実践的で、日々の生活や、社会に出てから役立つモノばかりです。そんな大物社会人とのつながりもあります。1年前の私は、こんなに多くの社会人とつながりを持てるなんて、想像もしていないと思います。

3.一生の仲間
I-MAGEに参加するまで、私は、他大学に友達がいませんでした。また、大学に入ってから出来た友達は、浅い関係の友達が多く、そのような状況にうんざりしていました。
I-MAGEに参加して、いろいろな大学の友達が出来ただけでなく、1つのプロジェクトを一緒にやり切った、最高の仲間が出来ました。例えば、部活の友達など、一緒に何か一つの目標を追いかけたり、大変なことを乗り越えたりすると、深い絆が生まれますよね。I-MAGEは4ヶ月間という短期間で、そのような最高の仲間に巡り合えます!


私はI-MAGEに参加して、人生が変わったといっても過言ではないです。すべての学生におすすめしたいと思っています。興味が少しでもある人は、一度話だけでも聞いてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です