未分類

事務局体験談(佐藤)

Posted

I-MAGE15運営事務局の佐藤大地です。

首都大学東京の4年生で、昨年はI-MAGE14の受講生として参加していました。
私が昨年、様々な選択肢のなかでI-MAGEの受講を選んだ理由を書きたいと思います。

私は大学3年生になるまでサークル、バイト、遊び、授業を手広く何となく楽しむだけで何かに本気になることのない生活をしていました。就職活動(夏のインターンなど)の存在感が大きくなり、なにかを成し遂げたと感じることができる新しいことを始めようと考えました。

そこで私は、ゼミ、サークル、長期インターン、留学、そして学生団体を候補として考えました。

ゼミとサークルに関しては、新しいこと始めるならば他大学の学生とかかわりたいと思い、候補から外しました。長期インターンに関しては、周りの友人が次々と始めていて新しさを感じなかったため、候補から外しました。留学と学生団体で考えていたところI-MAGEを知りました。留学に比べ低予算でかつ、他大学の学生や一流の社会人と刺激的な経験ができると考えI-MAGE受講を決めました。

あの時の決断は正しかったと思っています。新しい人々との出会いや新しい興味、社会で求められていることを知る機会を得ることができたからです。

何か新しいことを始めたい、学生団体に興味がある、他大学の学生や社会人とかかわりたい、そんな方はぜひお問い合わせフォームから私たちに連絡してください。待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です