全然うれしくないflashプログラム

2007.08.11|magronbass|NATURE・SCIENCEPermaLinkComments (4)

仕事で、虫がいっぱいウロチョロする簡単なパーティクルベースのシステムを作ったんだけど、あまりにもきもくて、面白い。

緑の丸の右側が「150匹集合」で、左が「解散」。 なんと、解散中にまた集合すると、すでに帰ってしまったゴキちゃんが帰ってきて、きっちり150匹そろう。 偉い!

注意:画面を蹴らないでください。
http://www.glowinteractive.com/staging/kentestcode/roaches/bugs.html
この、急に止まる感じが妙にリアル。 ちょっとハエっぽい感じもあるかな。

ほんと、きもいから虫嫌いない人は見ないでね。 夏の肝試し感覚で(笑)

Posted Comments

きもい!でも、昔鈴虫の群の鳴き声を再現していた人を思い出した。こいう自然っぽさは、不思議という感想以外まだ語彙がありません。

2007.08.12|naoaki

いやいや、見てくれただけでありがたい。 実際は0.2秒ぐらいしか使われないと思うけど。 ヒストリーチャンネルの洞窟探検のバナー広告用なんだけどね。 まだそのバナーは完成してない。

2007.08.12|ケン

こういうので、自己組織化理論応用したシミュレーションモデルってあるよね。鳩のやつとか見たことあったけど、Gではないんだろうか…。

2007.08.13|taku

150匹の「G」の代わりに、俺の顔面画像にしたら、
もっときもいぜ。へっ。

2007.08.15|ikeponia

Post a Comment